制作あれこれ

松川佳代の絵日記。制作、講座、絵について思ったこと、なんでも。
主に別サイトにした制作・講座風景の更新のお知らせです。
11月22日のツイート
00:02
? 黄葉が眩しかった火曜日。 みなさん描きたいポイントが色々。 構図がいいですね! https://t.co/1tWcS0i5Le
| Kayo | Twitter | 03:20 | - |
11月20日のツイート
01:43
たまに以前の絵が売れると、素直でいいな、と思う。こんな風には、もう描けない。描きたいものも違う。でも、以前の自分が、ヒントになる。 https://t.co/FDi125kF7Y
16:18
? 人物習作。 講座のモデルさん、素敵な金髪ロングヘアです。。 https://t.co/qdXZFh4sKb
| Kayo | Twitter | 03:20 | - |
11月19日のツイート
01:13
秋はひとの展示を見る機会が多く、繊細で明るく美しい絵画に圧倒されていました。でも今日これを観れてよかった。私の中には、印象派が好きな私と、表現主義が好きな私がいます。 https://t.co/MH2HrurdnW
01:19
表現主義は、白が少なく、原色を好んでぶつけ合うので、全体的に暗い色調です。日本で一般的に好まれるタイプとは言えません。白の調和に頼らない色の冒険に、私は強く惹かれます。
02:52
個展を終えて、感じていることをまとめようと、何度も下書きしていました。原稿用紙5枚分になり、読むに耐えないのでまた今日まとめ直そうと試みましたが、短くまとめるのは無理なので、もうやめます。
02:54
色を求めて線を溶かしていった印象派のように、絵は、何かを突き詰めれば、何かを失うのだと思います。 その中で自分は何を大事にしたいのか選び取って、作風が出来上がるわけですが、私はまだその段階にいません。
03:04
繊細な空気を視ること。内から湧くものを描くこと。色々なことをやることは、どれも中途半端になりますが、まだそれでもいいのだと思いました。
03:10
ルオーの生き生きとした線、自由で美しく強い色使いの前に立つと、心が洗われました。私はまだ、展示のことを考えずに描くことをもっと重ねなければ、と思いました。
03:13
駄文をひねり出そうと苦労する時間は無駄なのでやめよう。絵を描こう。
19:20
丁寧さと動きと光の色は同時に手に入らない。しばらくは展示の予定が無いので、頭を空っぽにして描きたい。 https://t.co/cpSGe5JNjO
| Kayo | Twitter | 03:20 | - |
11月17日のツイート
| Kayo | Twitter | 03:20 | - |
11月16日のツイート
20:50
? 一瞬見てしまって目が潰れそうな日の出。 https://t.co/owMFgas8K0
| Kayo | Twitter | 03:20 | - |
+ 松川佳代 ホームページ
+ 著書のご案内
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ 松川佳代Twitter
+ LINKS
+ Kayo@制作のキロク
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE