制作あれこれ

松川佳代の絵日記。制作、講座、絵について思ったこと、なんでも。
主に別サイトにした制作・講座風景の更新のお知らせです。
水彩とパステル

個展が終わって半月経ち、日常が戻ってきました。

期間中たくさんの方とお話しさせていただいたこと、

それまで考えていたこと、

ぽちぽちと記してみようかなと思います。

 

(個展中、だらだらと感情的な長文を書いて保存しておいたのですが、読むに堪えないので出さなくてよかった。

 無駄な文章を垂れ流さないにしよう。と思ったのがツイッターを止めた理由のひとつです)

 

 

まず、水彩画の影響について。

 

パピエ・ブランという人物画研究会を始めて5年。

人物画を描く時間は、20分ポーズという短い時間の中で仕上げるため、

パステルよりも着彩が速い水彩画を手探りでやっていました。

 

 

大胆に、反射神経で、水の力に任せて偶然性を生かすような描きかたに、

色彩を明度彩度まで繊細にコントロールするパステルとは正反対の魅力を感じていました。

 

それまで私はパステルを擦り込んで微妙な混色を調整して調整してつくるタイプで、

空の色はもともとの紙の色なんですかと聞かれるような描き方でした。

 

 

2012年の作品

 

 

2016年頃から水彩を本格的にやることで、

色の作り方、重ね方、光の表現など、パステルと違うことに戸惑いもしました。

例えば、水彩では最も明るい場所は紙の白で、明るさを塗り残し、陰を描いていく画材です。

パステルと油彩は濃い下地に白を重ねられるので、陰から光を起こしていく画材です。

描く手順としては真逆になるので、慣れるまでなかなか難しいこともありました。

 

2016年秋の作品

 

その感覚で、紙の白を生かして、水彩のように純色に近い色を重ねて色を作り、パステル画を描いたら、

今までにない軽やかさを手に入れたような気がしました。

 

私のパステルは時々重いと感じていたので、これが突破口になると思っていたのですが。

 

2017年春の作品

 

 

柔らかだった色の調和が崩れていくのをうすうす感じていました。

でも、混色の感覚というのは不思議なもので、その時はそういう色しか選べなくなっているのです。

 

2017年秋の作品

 

 

陰と光は強調されるものの、色の鈍さまでコントロールする繊細さが崩れていきました。

「光のある絵」にはなるものの、空気感が出なくなりました。

さらに版画を始めたことで、明暗のコントラストを意識し過ぎたのが昨年でした。

 

制作内容も、制作活動上のことも(おまけに生活も)上手くいかないことが続きましたが、

2017年の秋に、パステル画の大規模な展覧会がありました。

 

http://mmat.jp/exhibition/archives/ex171014

 

西洋のパステル画は、色んな場面で観ることができますが、

日本人の描いたパステル画は大変珍しいので、琴線に触れるところがあったのかも知れません。

 

大胆な色使いの絵の横に、お世話になっているゴンドラパステルさんの創業に関わったというパステル画家・矢崎千代二の言葉がありました。

 

 

「細かい仕事をしてはいけない。」

 

 

 

もやもやしていた頭を吹き抜けました。

たまに描いていた、大きな色構成で画面を捉える絵。

自分では気に入っていても、丁寧で細かな描写は無く、あまり自信の無かった絵。

 

 

それでいいのかも知れない。

私の絵に、最も大事なのは、色彩。

 

それさえ秩序を保っていれば、細部は問題でないのかも知れない。

 

 

細部は問題ではない。

 

 

 

…ということを認識したら、おかしなことに、逆に再び細密になってきました。

大事な部分が見えてきて、その大きな組立て(明暗の調子、色彩)さえ崩さないようにすれば、

細かく描いても重たくならなくなったのです。

 

 

 

 

また、水彩でもパステルでやっているような混色を試しているうちに、

 

 

面白いものができてきたような気がしています。

 

 

水彩画の必然、についてはまた今度。

 

| Kayo | 制作 | 01:52 | comments(0) |
朝日カルチャーで模写展示


朝日カルチャー立川の廊下ギャラリーで、
ルドンの模写作品を展示しています。

パステル36色で描いたものです。

カルチャー入口前の廊下なので、どなたでもご覧になることができます。
ルミネ立川にご用事の際に、よろしければ9階へお立ち寄りください。

展示終了時期は未定です。

夏はひまわり特集だそうです。
| Kayo | 展示 | 10:06 | comments(0) |
楽しむこと


明日の1日体験の復習?予習?

水や雲はパステルで描くと気持ち良いほど楽しいモチーフです。

明日の皆さんが楽しんでくださるといいな。

朝日カルチャー


自分ひとりで描いていると、目標を高く持ち過ぎて辛くなることもあります。

私は講座の仕事があるほうが、絵は楽しいですね!ということを思い出せてちょうどいいんだな、と最近思います。
| Kayo | つれづれ | 11:58 | comments(0) |
+ 松川佳代 ホームページ
+ 著書のご案内
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ 松川佳代Twitter
+ LINKS
+ Kayo@制作のキロク
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE